「名前」は、親から子への最初で最高の贈り物!

自分の名前の由来を知っている?

自分の持ち物への記入はもちろんのこと、学校のテストのときにも必ず記入が必要な「自分の名前」ですが、みなさんは、その由来を知っているでしょうか。また、自分の親や祖父母など身近な人から聞いたことはあるでしょうか。いまでは、妊娠中に性別がわかるため、早々と名前を付けて、お腹の赤ちゃんに呼びかけている人もいますよね。やはり、まだ見ぬ我が子に向って、名前を付けて呼んだほうが親近感も沸くのだと思います。また、実際に生まれてから気持ちが変わることもあるそうですが、妊娠中に呼んでいたままの名前を付ける人も多いようです。

名前は時代とともに変化していく

自分の名前や同級生の名前から「ある特徴」がみられるのは気のせいでしょうか。いま、熟年世代以上に差し掛かっている女性は、「〇〇子」といった名前が多いようです。また、「〇〇美」や「〇〇代」という名前も目立ちますね。さらに、上の世代になると、カタカナ表記の名前で、しかも、動物や植物の名前が多かったのではないでしょうか。もし、なんらかの機会があると、自分のご先祖様の名前を調べてみるといいかもしれませんね。ちょうど、お盆の季節ですし。

子どもに喜ばれる名前を付けるために

親にとって、子どもの名前を付けることは大きな楽しみであります。それと同時に、大きな責任感も背負っています。やはり、子どもにとって、自分の名前は一生使う大切な存在ですから!そのためにも、親は子どもに喜ばれる名前を付けることが大切です。いま、読み方に迷うような漢字を使うことが注目されていますよね。もちろん、第三者が口を挟むことは慎むべきですが、あまりにも画数が多い漢字だと、テストの答案用紙に記入するときに疎まれるかもしれません。また、電話で自分の名前を説明するときに四苦八苦するかもしれないのです。子どもに名前を付けるときは、そのような場面も考えることが必要なのではないでしょうか。

子どもが産まれる時、誰もが気になるのは命名です。より良い名前をつけたいなら、姓名判断を参考にしましょう。