これだけは買ってはいけない!フランス旅行で避けるべきお土産3選

あのフランスの国民的お菓子も!?

海外旅行に行って、頭を悩ませるのがお土産物ですよね。日本ではなかなか手に入らないものや、目新しいものなどいろいろあって、ついつい目移りしてしまいます。では、こんなお土産はNG!というものはあるでしょうか。今回はフランス旅行をテーマに、まとめてみました。まずは、これ。そう、マカロンです。フランスの国民的なお菓子の印象がありますよね。ですが、フランス本国で売られているマカロンは甘すぎます。日本人の舌には合わないので、避けるのが賢明でしょう。

選んだと思ったら空港でアウト!?

次にオススメしないのが、ジャムなどの半生加工食品です。実は、これらの商品は買って帰ると非常に喜ばれるものでもあります。フランスでも各地で、実にさまざまな種類のジャムが売られています。オレンジやストロベリーなどのメジャーなものから、スイカやイチジクなど一風変わったものまであって、どれを選ぶか迷ってしまうほどです。ですが注意!これらの食品は、空港の荷物検査で封を開けられる可能性があります。夏場など開けてしまうと、そのまま腐って食べられない・・・なんて悲惨な事態にも。

匂いも駄目!?どうすればいいの?

最後にオススメしないのが、香りつきの石鹸です。日本にもフランスの大手メーカーが進出していますが、あれもやはり日本人向けにされているものです。現地で買うと、日本人の肌に合わないことも多いです。フランスはマルセイユ石鹸が有名ですが、香りが強すぎて苦手、という方もいます。結局使われないリスクを考えると、お土産に選ぶのは止めたほうがいいでしょう。では、どんなお土産を選んだらいいの!?というあなたには、やはりチョコレートやクッキーなど、とかく無難なものをオススメします。旅の思い出の最後を、お土産選びで失敗して嫌なものにしないためにも。

パリのオプショナルツアーは自力では行きにくい観光スポットが提案されています。ガイド付きなので景色だけでなく知識も吸収できます。